オリジナル商品の卸・小売りをご希望の方

オリジナル商品
ORIGANAL ITEM

01

蒼天の雫

1800ml / 720ml
蒼天の雫

南信州産たかね錦 100% 使用

スッキリした良いお酒ができる酒米として、1950年代に盛んに栽培されていた「たかね錦」を蘇らせようと、種籾探しから始まり、多くの苦難をへて復活させました。
南信州の澄んだ空気と自然豊かな大地が育てた、酒好適米「たかね錦」。そのキレのある深い味わいをお楽しみください。


特別本醸造 生詰

原材料名:米(国産)・米麹(国産米)・醸造アルコール
アルコール分:15度以上、16度未満
精米歩合:55%
日本酒度:+2.5
酸度:1.4

ここがこだわり

◎ 南信州の大空と大地の恵みを醸し、搾り、したたる雫の一杯
 昭和30年代に長野県内に広く作付けされていた酒造適合米で、「美山錦」の親の代にあたる『たかね錦』は米が固く割れやすい為にその後長野県内では使用度が少なくなりました。

 しかし「すっきりした飲み口とふくらみのあるうまさが際立っている」味わいの復活へと共に地元の農家の方々と共に、醸造を喜久水酒造さんと共に【生詰め】特別本醸造と言う、出来るだけ蔵元さんで飲む様な状態を再現する為に、火入れと言う加熱処理を1回しかしない方法で、その後取扱酒販店は、温度管理をした状態で蔵元より商品を流通過程を徹底化してユーザー様へお届けしております。

 味わいや、お燗した際の伸びやかなる味わいを最大限に出せる表現方法としての選択を私共が致しました。季節に味覚と共に楽しめる逸品に仕上がっております。どうぞお召し上がりくださいませ!!

たかね錦物語
  •  「たかね錦」は、「美山錦」の親の代にあたる酒造好適米で昭和30年代に長野県で広く作付されていました。米が硬いため精米時に割れてしまうことから美山錦へと代わっていき、今では長野県ではほとんど使われなくなってしまいました。
  •  「たかね錦」で酒造りをしてきた杜氏達が「スッキリした飲み口とふくらみのある旨さが際立つ」たかね錦の酒の味が忘れられないと話していたことから、喜久水酒造では「たかね錦」の復活を企画することになりました。
  •  まず、たかね錦の種籾探しから始まりました。
    平成8年、兵庫県農作物改良協会が持っていた7年度産米の種籾10kgを捜し当て、最初の試みが行われました。この種籾を、社員の所有する田でまず栽培し、翌9年には67俵の収穫を上げることが出来ました。収穫した「たかね錦」で復活最初の酒造りを行い、発売に漕ぎ付けました。契約栽培農家も平成13年には13軒と増え、収穫量も150俵までになりました。
  •  しかし、“酒造好適米「たかね錦」で造ったお酒”を表示するためには、原料米が公的機関(指定栽培圃場)で栽培され、認定を受けた米でなければならないことが判明、一から出直しとなりました。
  •  手を尽してやっと探し出した「たかね錦」の原種10gを、下伊那農業改良センターの協力の下、試験圃場の認定を受けた地元の下伊那農業高校に純粋栽培の協力をお願いし、平成16年9月に収穫。その栽培履歴、栽培資料を添えて晴れて酒造好適米「たかね錦」の認定を申請をして“産地指定銘柄米”「たかね錦」と認定され再生しました。
交配系統図

たかね錦 : 「たかね」は標高の高い所に適する事を、「錦」は酒米を意味しています

交配系統図
02

Phosh りんごの雫

750ml / 330ml

南信州のりんご弾ける

シードルの普及を目指して、
国際りんご・シードル振興会、飯田市りんご農家、
伊那谷クラウド(合)の共同企画で誕生しました。
飯田産を含む長野県のりんご100%で作られています。


果実酒(発泡性)

原材料名:長野県のりんご
アルコール分:8度

Phosh りんごの雫
ここがこだわり

 地元のりんご農家から直接仕入れた、収穫したてのリンゴを使用しています。
 スタートした2014年当時、シードルはまだ知名度が低く、地元で醸造している所もありませんでした。
 そこで、シードル醸造を手掛けている、池田町の福源酒造へ醸造を委託して、飯田産りんごを使用した市販シードル第一号「Posh」が誕生しました。
 スッキリとした辛口の味わいで、どんな料理にも良くあいます。